友罪




先月読んでた本。


少し前にちょうど映画公開された今作。
リアルタイムにちょうど公開目前に読めた!


ジャーナリストを夢見て出版社で働いていた益田は
ある事件をきっかけに出版社を辞め、生活の為に
とある小さな町の工場に就職する。

そして同時期に採用された鈴木という男。
彼は周囲と関わらず、過去を語らずにいたが
次第に益田と打ち解けるようになる。

しかし彼に触れる度、益田の心にはある疑惑が。
彼は過去に日本を震撼させた猟奇的殺人事件の
あの少年Aなのか?

その疑惑が本物に変わった時、
過去の罪を背負って生きていく二人の今後は?


過去に実際に神戸で起きた児童殺傷事件を
思い出させる今作。

事実、この世界でもこの日本の何処かで
こういう事は起きるのかなぁ、と。

BOOK 23:06 -
凪の司祭




先月読んでた本。

石持さんによる全編通しての無差別テロ小説。


緻密に練られた計画に従いショッピングモールで
無差別にバイオテロを行う珈琲店の店員の桃。

実行犯、被害者、協力者、警察サイドと
さまざまな視点から描かれている為、
引き込まれて一気に読める作品でした。

 

BOOK 21:45 -
『空飛ぶタイヤ』試写会




長瀬智也さんと本木監督の舞台挨拶付きの
『空飛ぶタイヤ』の試写会に行ってきました。

今回は大阪プレミア試写会との事で、
なんと13,000通の応募があったそうで…。

いや〜、ビックリ!
52倍の倍率だって!
何処で運を使ってんだろう!(笑)


てな感じで舞台挨拶は通常の舞台挨拶より
ちょいと長めで約30分程ありました。

トークあり、そして映画の内容と連動し
本日がちょうど「ねじの日」という事で
ねじ生産日本一、そしてものづくりの町
東大阪市から中小事業の社長さん達が来て
長瀬さんと『ねじ対決』のゲームなんぞしてました。


で、肝心の映画の方はというと
池井戸潤さんの原作という事でかなり面白かった!


ある日起こったトレーラーのタイヤ脱輪事故。
これは事故なのか事件なのか。

大手自動車メーカーと中小事業の社長の
逆転エンタテインメントが最後まで
目を離せない所が良かったです。

その他 22:54 -
秋霧




先月読んでた本。

大倉さんの山岳シリーズ。

月島で便利屋を営む倉持は財界の大物
上尾という老人から天狗岳に登る行程を
撮影して欲しいという依頼を受ける。
山に登る簡単なはずたった仕事だが、
なぜか不審な影に気づく倉持。

一方、元自衛隊特殊本部員だった深江は
山小屋で何者にかによる襲撃を受ける。
後日、警視庁の儀藤からそれが正体不明の殺し屋
「霧」だと聞かされる。


色々な糸がもつれ合い、三つ巴の死闘に
巻き込まれていく倉持の運命は。



大倉山の山岳シリーズは読むの二冊目ですが
こちら他の山岳シリーズにも登場する人物が
たくさん出ている作品だったようで。
なので他の作品も読んでみようと思います。

BOOK 12:50 -
Ank: a mirroring ape




少し前に読んでた本。

2026年に京都で起こった大暴動。
それは人と人が殺し合い多くの死傷者を出した。

テロでもウイルスなどの病原体でもない、
では暴動はなぜ起きたのか?


実はその発端は一匹のチンパンジー『アンク』だった。
彼の警告音を耳にした人々は人類の本能に従った。

霊長類研究施設のセンター長の鈴木望は
この事実に気づき、混乱の中アンクを探しに行く。



こちらの小説、いわゆるパニックスリラー。
時系列が前後しているので、暴動が起きた後より
起きる前までの展開が幅広く描かれています。

面白かったけど普段なかなか小説読まない人には
ちょっと難しいかな?

BOOK 21:18 -
<< 2/928 >>
時々見せる日常
Calendar
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

NewEntry
Profile
Category
Archives
Links
Mobile
qrcode
本棚
Other