<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>




少し前に読んだ本。


大学で講師をする古徳先生は、ある条件が揃うと
意識がタイムスリップするという能力の持ち主。
ただしタイムスリップには必ず同伴者が伴う。

過去に恋人を奪われた旧友と久し振りに一緒に飲んだ古徳は
彼と共に28年前の思い出の日に遡ってしまう。

そこで知った事実とは?

そしてまた、旧友もある疑惑を抱いていた。
過去、そして未来、知られていなかった事実が
この日を境に次々と古徳の前に現れる。


時間を遡る小説は色々あれど
お酒と同伴者がいなければ叶わないという
ちょっと変わったタイムトラベル。
しかも意識しか飛べない!

まさかの過去が色々出てきて面白かったです。
その後、先生の未来はどうなるのかな?


関連する記事
この記事のトラックバックURL
トラックバック

Profile

本棚

Selected entries

Categories

Archives

Recent Trackback

Links

Search This Site.

Others

Mobile

qrcode

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM