時々見せる日常
作家刑事毒島




先月読んでた本。


新人刑事の明日香はある事件のヒントを得る為
先輩刑事の指示の元、ある場所を尋ねる。

そこは神田の神保町。
その街のビルの一角に人気作家
毒島の仕事部屋があるという。

人気作家と刑事の二足のわらじの毒島は
温厚な笑顔を向けながら、実は性格の歪んだ
一癖も二癖もある人物だった。

その冷酷非情な毒島は出版業界に関わる事件を
毒舌を浴びせながら明日香を解決の道に導いていく。


そんな毒島の毒舌を浴びる犯人は
自分を誇大評価する新人作家、編集者、
ストーカー気質の熱狂的なファンなど色々。

見事に玉砕していく犯人が面白い。
ラストはまさかの展開に(笑)


しかしここまでコテンパンにしなくてもねぇ…

15:41 BOOK -
/PAGES