第三の時効



GW期間中に読んでた本。

F県警で起こる事件をそれぞれ描いた連作短編集。


夫を幼馴染に殺された主婦、その事件の時効を
迎えるにあたり周到に用意されていた
第二・第三の時効とその真実とは。

自白した犯人の裁判で一転、
無実の罪を訴えた犯人の思惑とは。

過去に起きていた青酸カリによる犯罪。
その手口と今回新たに起きた事件の関連性は。


短編になっていながらも連作の為、各話で
登場人物の背景が見えてきて面白かったです。
BOOK 12:23 -
時々見せる日常
Calendar
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

NewEntry
Profile
Category
Archives
Links
Mobile
qrcode
本棚
Other