時々見せる日常
凪の司祭




先月読んでた本。

石持さんによる全編通しての無差別テロ小説。


緻密に練られた計画に従いショッピングモールで
無差別にバイオテロを行う珈琲店の店員の桃。

実行犯、被害者、協力者、警察サイドと
さまざまな視点から描かれている為、
引き込まれて一気に読める作品でした。

 

21:45 BOOK -
/PAGES