時々見せる日常
秋霧




先月読んでた本。

大倉さんの山岳シリーズ。

月島で便利屋を営む倉持は財界の大物
上尾という老人から天狗岳に登る行程を
撮影して欲しいという依頼を受ける。
山に登る簡単なはずたった仕事だが、
なぜか不審な影に気づく倉持。

一方、元自衛隊特殊本部員だった深江は
山小屋で何者にかによる襲撃を受ける。
後日、警視庁の儀藤からそれが正体不明の殺し屋
「霧」だと聞かされる。


色々な糸がもつれ合い、三つ巴の死闘に
巻き込まれていく倉持の運命は。



大倉山の山岳シリーズは読むの二冊目ですが
こちら他の山岳シリーズにも登場する人物が
たくさん出ている作品だったようで。
なので他の作品も読んでみようと思います。

12:50 BOOK -
/PAGES