夜行




少し前に読んでた本。

森見さんの最近出た本!
…だけど予約待ちが長かった(笑)


一人の画家が描いた『夜行』シリーズの
謎の世界に飲み込まれていく人達の
それぞれの絵画にまつわるお話。

普段ユーモラスなキャラクターが多い
森見作品とは違い、今作はちょっとした怪談で
影のある人物がたくさん出てきます。


学生時代にサークルの仲間で行った
鞍馬の火祭りの最中に突如消を消した長谷川さん。

10年後にまた集まる事となった仲間達は
ある一つの画家の作品をきっかけに
それぞれが体験した出来事を語り出します。

これは現実なのか夢なのか。
なんとも不気味な傑作となっています。


こちら普段と違ったテイストで
新鮮な感じで読み進める事が出来ました。

BOOK 23:22 -
時々見せる日常
Calendar
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

NewEntry
Profile
Category
Archives
Links
Mobile
qrcode
本棚
Other