祈りの幕が下りる時




最近読んだ本。


加賀恭一郎シリーズ最終章。
ちょうど今、これ絶賛映画公開中(笑)

映画化されるってニュースになった時、
そういえばまだ読んでなかったなぁと
図書館で予約したら今になった(笑)


今作はシリーズ完結編。

加賀がなぜそこまで日本橋という地に拘るのか、
今までの作品では触れられていなかった
加賀親子の秘められた過去や秘密等々、
それらが今回の事件と共に一緒に紐解かれていきます。


発端は都内のあるアパートで見つかった
滋賀在住の女性の絞殺死体。
このアパートの住人の男性は行方不明。
警察の捜査が進むにつれ、捜査線上には
ある舞台演出家の女性が浮かび上がります。

現場の遺留品や聞き込み捜査から、
加賀は過去に失踪した自分の母親に
全てが繋がっている事に気づきます。


とりあえず読んでみて思ったのは
今まで謎だった加賀親子の問題が
わかったのが良かったなぁ、と。

後は登場人物がちょっと多くて、一瞬
何が何だかわかんなくなりそうだった(笑)

シリーズは今回で完結したけど
今作の事件も何だか切ないお話でした。

BOOK 23:15 -
時々見せる日常
Calendar
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

NewEntry
Profile
Category
Archives
Links
Mobile
qrcode
本棚
Other