<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>




最近読んだ本。

ちょうど三年くらい前に読んでた
富久丸百貨店外商部シリーズの第二弾。


前作では外商部に異動となった鮫島静緒が
勝手の違う外商の仕事に奮闘する話だったけど、
今作ではバツイチ静緒と同居するセレブなエリート社員
枡家修平の母親の登場で彼の家庭環境が明らかになったり
静緒の顧客の珠理に絡む問題が発生したりと、
彼女の周りにも色々な変化が訪れます。


今作のラストでは静緒が尊敬するカリスマ外相員の
葉鳥がミラノから帰国した所で終了。

まだまだ今作では明らかになっていない部分や
新たな顧客との今後が描かれていないだけに
続きが(あるのかな?)かなり気になる所です。


関連する記事
この記事のトラックバックURL
トラックバック

Profile

本棚

Selected entries

Categories

Archives

Recent Trackback

Links

Search This Site.

Others

Mobile

qrcode

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM