明日の食卓

rps20170526_104825_608.jpg


結構前に読んでた本。


今年に入って話題の本だったようで
色々と紹介されていたので読んでみました。


それぞれ別の場所で小学三年生の
「イシバシユウ」を育てる3人の母親達。


静岡で平凡な専業主婦として暮らす石橋あすみ
共働きでフリーライターで活躍する石橋留美子
大阪でシングルマザーで子育てする石橋加奈


子供へのイライラ、どこで歯車が狂ったのか
愛する我が子に手をあげ殺したのは誰か

この小説は冒頭、息子の「ユウ」を虐待し
手をかけてしまう所からスタートします。


この三人は居住地も違い接点も全くありません。
それぞれ三人からの視点で話は進みます。


この小説、話題になっているだけあって
かなり面白かったです。
(面白いといえば語弊かな?)


おススメ。

BOOK 11:46 -
危険なビーナス

rps20170419_181909.jpg


だいぶ前に読んだ本。


獣医として働く手島伯郎の元にある日突然
弟の妻だと名乗る女性「楓」から連絡が入る。

楓によると弟の「明人」は突然失踪したとの事。
彼女と共に資産家の遺産相続や過去の謎を探る内
伯郎はどんどん彼女に惹かれていく自分に気づく。

果たして弟の失踪の原因は…


読んでて思ったのですが、個人的に
東野さんの本は割とアタリハズレがあるな、と。

今回は最後の転結の「結」の部分がちょっと微妙。
以前読んだマスカレードホテルシリーズは
面白かったのでまたこういったのが読みたいかな。

BOOK 00:28 -
犯罪小説集

rps20170405_223801_301.jpg

 

 

ちょっと前に読んでた本

 

最近映画になった『怒り』を書いた

吉田修一さんの新しい短編集。

 

 

事件の犯罪者を中心とする5つの物語。

 

失踪した少女に罪悪感を抱える町の人々

痴情のもつれから殺人を起こしたスナックのママ

小さな過疎の村の中で壊れていく老人

華やかな生活を忘れられない元プロ野球選手

カジノ賭博に嵌ってしまった名家の息子

 

それぞれがあるきっかけで犯罪者になってしまう、

むしろ、犯罪を起こすなんて思いもしない人達。

 

 

その後が気になる話もチラホラ。

個人的には過疎の村の話が気になります。

BOOK 10:44 -
プラージュ

rps20170322_232333_456.jpg

 


最近読んだ本。
 

 

とあるシェアハウスに住む男女の物語。

 

ここの住人にはそれぞれが抱える過去や秘密が。

この小説は細かく各章に分かれていて、

その都度その人の視点で物語は進んでいきます。

 

話の軸となるサラリーマンの貴生は

覚醒剤の執行猶予中に家が火事になり

焼け出されてこのプラージュにやってきます。

そこで他の住人の過去にも触れていって…

 

 

 

ちなみにこの本を読んでる時に

ちょうどドラマ化の発表が。

 

…いや、でも読んでて思ったけど

これなかなか映像は難しくない?

まぁWOWOWだから見れないけど。

 

という事でそこらも気になる所でした。

BOOK 23:24 -
クローバーナイト

rps20170307_210634_697.jpg

 

 

ちょっと前に読んでた本。

 

割と話題書だったみたいで

色々紹介されていたので読んでみました。

 

ちょうど保育園・幼稚園から

小学生になる頃の子供をもつ

お父さん・お母さんが主体となるこの本。

 

いったい何が普通なのか、普通とはなんなのか

子供を育てる親の葛藤だったり疑問だったり

色々な見えない世界が描かれています。

 

 

なかなか面白かった。

 

ちなみにこないだ電車に乗ったら

真向かいに座った女性がこの本読んでて

やっぱ話題書なんだな〜、と思いました。

BOOK 11:57 -
初恋料理教室

rps20170218_182252_200.jpg

 


少し前に読んでた本。

 

 

京都の町屋長屋にある愛子先生の

「男子限定」の料理教室を舞台に

そこに通う生徒4人のそれぞれの物語。

 

ほんわかとした料理教室と

それぞれの物語にちなんだ料理、

どのお話しにもそれぞれホンワカとした

雰囲気と人情があって良かったです。

 

それぞれの物語に別の物語が少し絡んで

また違った視点で見えてくるのも良い所。

 

 

ほんわかと本が読みたい人におススメ。

BOOK 18:37 -
サブマリン

rps20170107_192752_335.jpg

 


先月半ばに読んでた本。

 

なんと前作『チルドレン』から12年ぶりの続編!

家裁調査官、陣内・武藤さんが出会う新たな少年達。

 

いや、すでに前作がどんなだったか

自分も読んだ時から日が経ちすぎて記憶が…(笑)

(それでも10年とかだけど)

 

ま、これだけでも十分読める一冊。

 

 

ちなみに今作は無免許で歩行者を死なせてしまった

少年の事故から物語が始まります。

 

この少年もまた過去に自分の友人を

同じような事故で亡くしており、

また、武藤が過去のこの事件の加害者の

担当者だった事も明らかになります。

 

長編という事で最後にこの繋がりが

色々とわかっていく形になりますが、

相変わらず武藤さんは自由奔放だな、と。

 

そんな一冊でした。

BOOK 19:58 -
おおあたり

rps20161212_235317_337.jpg

 


最近読んだ本。

 

しゃばけシリーズ第15弾!

 

 

今作も面白かった!

 

今作のポイントは、ズバリ

栄吉さんの餡子の入ったお饅頭(笑)

 

大当たりした富札が巻き起こす一騒動、

悪夢を食べる獏の噺家の怪談噺、

栄吉の作った辛あられの偽物騒動、

仁吉と佐助の若だんなとの出会い、

そして若だんなの初お仕事への道のりまで

今作も色々と面白い話が詰まっています。

 

しかし栄吉さんの饅頭ったら(笑)

 

 

とにかく今作はタイトルの

「おおあたり」どおり面白かったです。

 

次作はまた来年夏ごろに発売かな〜。

BOOK 12:37 -
ドルチェ

rps20161213_000646_286.jpg

 

 

前に読んでた本。

 

ストロベリーナイトなど姫川玲子シリーズを描く

誉田さんの女性刑事、魚住久江シリーズ第一弾。

 

こちらの魚住シリーズは同じ女性刑事でも

猟奇的な事件とは違い、所轄で起こる事件が

主となる短編集となっています。

 

 

誰かの死の謎を解き明かすことより、

誰かが生きていてくれることに、

喜びを感じるようになった

 

主人公の魚住久江の言葉どおり、

この小説では事件の謎というより

いったいなぜこうなってしまったのか、

そういうかなり人間味のある内容となっています。

 

 

続編もあるそうなので気になる所。

BOOK 23:26 -
しゃばけ漫画 仁吉の巻

rps20161202_150829_398.jpg

 


福岡着いて暇なので駅で本買った!
(300円クーポンあったし!)

買ったのは今月出たばかりの文庫新刊
「しゃばけ漫画−仁吉の巻−」


しゃばけシリーズの人気作品や
オリジナル作まで七名の漫画家さんが描く
コミック・アンソロジー!

半分読んだけど面白い♪
仁吉の恋の話、原作も面白かったもんなあ。

BOOK 15:15 -
1/29 >>
時々見せる日常
Calendar
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

NewEntry
Profile
Category
Archives
Links
Mobile
qrcode
本棚
Other