インフルエンス




先月読んだ本。


ある作家に「友梨」と名乗る女性から手紙が届く。
彼女と二人の友人「里子」と「真帆」との
30年に渡る関係を聞いて小説にして欲しい、と。

その手紙の中に何かを感じた作家は
友梨と名乗る女性に会って話を聞く事にする。


かつて友梨と里子は同じ巨大団地に住む幼馴染だった。
しかし小学2年生の時に里子が無邪気に語った
ある発言をきっかけに友人関係は疎遠となっていく。


そして中学生になった友梨は、かつて里子が
無邪気に放ったあの発言の意味に気づいて
心に重い何かを抱えていた。

そんなある日、友梨は都会から団地に来て
周りとは何か違う空気を放っていた
真帆という美しい少女と仲良くなる。

密かに憧れていた真帆と仲良くなれた友梨は
毎日が楽しくて仕方なかったが、ある日
真帆が襲われそうになった所を助けようとし
逆に犯人の男をナイフで刺してしまう。

しかし翌日、なぜか警察に逮捕されたのは里子だった。


その事を誰にも言い出せないまま時は過ぎ
お互い疎遠になりつつも「友達」として
新たな「共犯関係」が生まれていく。

この三人の歪んだ関係が「友梨」と小説家との
会話の中で徐々に紐解かれていく。


彼女達が何かを守るために新たな何かを犠牲にする。
この理不尽な連鎖が読み手にも伝わってきて
すんなり読み込む事が出来ました。
面白かった!

BOOK 21:19 -
『幻視の隣人』大阪編




umbrella・怪人二十面奏
マイナス人生オーケストラ

江坂MUSE

東阪主催3マン大阪編


行ってきたよー♪
このご時世、2,500円のチケって素敵(笑)


そんなこんなで入ってみましたが
先行チケも結構な枚数出てたし
会場大きくない?とか思ってたけど
結構いい感じに人多かったです。


まずはumbrellaさん。
先月末アルバム出た所で
現在アルバムワンマンツアー真っ最中。
衣装も新衣装になってて
個人的に実際この衣装見るのは初めて。

本日9曲披露していましたが
アルバムの曲も聞けて良かったです。

 


そろそろスタンプ―カード貯まってきた(笑)
ワンマン、仕事終わりだとギリギリだけど
行けそうなら行こうかな♪


で終わって場所交代して欲しいって方に
後はお譲りして後方に移動。
続いて出たのは怪人二十面奏。
見るのはちょうど一ヶ月振り。

今日もお客さん達が持っている
あの光る包丁のペンラがキラキラしてました。
マコトくんは昔から変わらないねぇ…(笑)

結構曲数多かった気がする(笑)



そして最後はマイナス人生オーケストラ。
なんと見るの5年ぶり!(驚)

てか始まった瞬間、お客さん達が
自分の指という指にフラッシュリングを
大量に付けているのですごい眩しかった(笑)

久々に見たけど一体感半端ない!(笑)
あれだね、NOIZ(宇宙戦隊)と同じ感じで
みんなで踊ってクルクルしてって感じ。
ハマると楽しいバンド(笑)

ま、ちょいと途中退場しましたが
ライブは色々と楽しかったです。
お疲れ様でしたー!

LIVE・INSTORE 23:08 -
私の命はあなたの命より軽い




先月読んでた本。


出産を間近に控えた遼子は
夫のドバイへの赴任を機に
実家への里帰り出産をする事にする。

しかし帰った実家は何か様子が違っていた。
今まで仲の良かった家族は会話が無く、
最近購入した家を売ろうとしている父親。

不穏な空気の中、果たしてこの家に何があったのか。


近藤さんの本は以前にも読みましたが
ストーリーに惹きつけられる作品が多く、
先が気になって読み進めたので1日で読めました。


また機会があれば別の作品も読んでみようかな。

BOOK 23:07 -
"fear's room" in 大阪





HOLLOWGRAM × gibkiy gibkiy gibkiy
梅田Zeela


一年半ぶりのHOLLOWGRAM!
大阪に至ってはもはや二年ぶり(笑)


そんなこんなで仕事終わりに行ってきました。
お客さんも社会人の方がかなり多いので
仕事終わりのサラリーマンの男性も結構いました。
出演バンドさんの関係からこの辺りのバンドは
毎回普段見る事が少ない客層が多い(笑)


で、最初はgibkiyから。
毎回ですが、スゴイ(何が)

aie氏とkazuさんはこの前
the god and death starsで見たから久々でもないけど
(この辺りの人達はバンドの掛け持ち多い)
kazumaさんは相変わらずスゴイ。(だから何が)
結構近寄ってきたらどうしよう、って思う(笑)

ただ近距離になると毎回思うけど
kazumaさん香りの良いお香の匂いがする(笑)

まあ、そんなこんなで一年ぶりのgibkyさん終了。


で、続いてHOLLOWGRAMの皆様。
昨年の1月の東京2Days以来!

ゆきのさんいなくなって初の大阪。
…そうですよ、急に辞めちゃって(笑)
いつのまにか一也さんがベースになってた(笑)

ギターもベースも出来て
インストではバイオリン弾いて
どんだけマルチなんだ、彼は(笑)
そして見てると松○桃李思い出してくる…(笑)


て事で久々のライブでしたが
東京限定で販売された新曲もありつつ
2マンって事で時間もあって楽しかったです。
ちょっとryoさんの声の調子が悪かったのが残念かな。
9月にアルバムも出るから楽しみ。


そんな感じでお疲れ様でした。

LIVE・INSTORE 23:10 -
第三の時効



GW期間中に読んでた本。

F県警で起こる事件をそれぞれ描いた連作短編集。


夫を幼馴染に殺された主婦、その事件の時効を
迎えるにあたり周到に用意されていた
第二・第三の時効とその真実とは。

自白した犯人の裁判で一転、
無実の罪を訴えた犯人の思惑とは。

過去に起きていた青酸カリによる犯罪。
その手口と今回新たに起きた事件の関連性は。


短編になっていながらも連作の為、各話で
登場人物の背景が見えてきて面白かったです。
BOOK 12:23 -
1/928 >>
時々見せる日常
Calendar
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

NewEntry
Profile
Category
Archives
Links
Mobile
qrcode
本棚
Other